快適な旅にしたい!夜行バスに乗る時に持っていくと便利なもの

快適な深夜バスの旅、何を持っていけばいい?

寝て起きれば、もう目的地!そんなイメージのある便利な夜行バスですが、その車内の時間はとにかく快適に過ごしたいものです。予めどのような準備をしておくと良いのか、アイテムを中心にご紹介します。
まず、首に負担を掛けずに座席でも寝られるアイテムが、空気を入れるタイプの枕です。安い物なら百円均一でも手に入れることができ、使う直前までは空気を抜いた状態で収納も楽々!
周りの人のざわめきが気になって眠れなさそう、という心配がある時には、耳栓も用意しておくといいでしょう。完全に防音してしまうというよりも、ある程度音をシャットアウトできるだけというタイプのものを探してみましょう。
夏は冷房、冬でも窓越しに空気が冷えてしまうといった、車内の寒さが気になる場合は、一枚ひざ掛けも持っておきたいものです。

忘れがちなアイテムも準備!

夜行バスも、場合によっては隣の席との距離感が気になることもありますよね。スマホなど、周りの人が光るものを使うと、やはり眩しさで寝辛いこともあります。そんな時に便利なのが、アイマスクです。目周りが温まり、リラックス効果も期待できます。
また、準備をうっかり忘れがちなのが、飲み物と食べ物です。もちろん摂り過ぎてもトイレの頻度が心配ですが、水分補給や、喉を潤したり、朝の目覚めの促進効果など、飲み物は大切です。また、空腹だからといって買うのが難しいこともあるため、食べ物も事前に準備しておきましょう。とはいえ、周囲の人に迷惑が掛からないよう、香りの強すぎるものは控えたいところ。傷みづらいパンをはじめとした食べ物もお勧めです。