新幹線やLCCよりおススメ!夜行バスを利用するメリット

なんといってもお金は重要!

旅行をしたいと思っても、まずネックになるのは旅費です。特に、旅行を満喫しようとすればするほど移動にお金がかかってしまいます。その問題を一挙に解決どころか宿泊費まで浮かせることができるのが、「夜行バス」なのです。
最大のメリットは、やはり料金が安いことでしょう。例えば東京―大阪間で新幹線を使うと、指定席なら片道14,450円、自由席でも13,620円かかるのです。ただし飛行機でLCCを使うと平日片道3,490円で、ぐっとお安くなります。もっと安く済ませようと「青春18きっぷ」を購入するなら、片道2370円です。しかし青春18きっぷは5枚綴りでしか売られていないため、最初に11850円かかることになります。
それと比較してみると、夜行バスの東京―大阪間の平日最安値は、早売りのお値段でなんと2500円という場合もあるのです。これは相当大きなメリットと言えるでしょう。

移動時間も旅行のうち!時間有効活用のススメ

もう一つのメリットは、限られた時間を上手く使うことができることです。夜行バスは基本的には深夜移動ですから、寝ている間に目的地へと移動することができます。つまり朝から旅行を充分に楽しむことができるのです。移動に関しては、何といってもバスの利便性は他の交通機関と比べて断トツと言えるでしょう。夜行バスは早朝現地に着くのが基本ですから朝から時間を有効に使うことが可能となる上に、通常の旅行と違って寝坊の心配もありません。夜にバスに乗り込んで朝起きれば既に目的地へと到着しているのは、夜行バスの持つ相当大きなメリットとして挙げられます。ただし、寝過ごす可能性もゼロではありませんから、携帯のアラームなどを到着予定時間に設定しておくといった注意は必要です。
「安さと時間」この2つは、夜行バスにおける2大メリットと言えるのです。